日本マイクロソフトによると、7月29日以降、Windows7 SP1/Windows8.1環境では、Windows10 が自動でダウンロードが行われ、アップグレードの準備ができ次第、アップグレードのスケジュールを促すポップアップが表示される予定のようです。

自宅の個人的なPCであればアップグレードによる影響は比較的少ない、極端に言えば諦めもつくかもしれませんが、会社で業務に利用しているPCではそうもいきません。

特にインターネットバンキングを利用している場合、多くの銀行では Windows10 での動作確認が行われていない為、Windows10へのアップグレートは当面見送るような通知が出されています。

Windows10 での動作検証を実施するような部門でもない限り、多くの企業では今すぐ Windows10 へアップグレードする必要性は基本的にありません。

続きを読む